インド・ネパールキッチン

  • 2017-4-3

今回ご紹介するのは、中河原駅から徒歩1分、住吉銀座通りの一角にある『インド・ネパールキッチン』。

写真1

2015年にオープンした同店。

写真2

写真3

お店の扉を開けると、スパイスのいい香りが鼻腔をくすぐり、食欲をそそります。店内には、店主さんがインドや母国ネパールから持ってこられたというタペストリーや工芸品がたくさん飾られていて、アジアンムード満載です。

写真4

同店の人気メニューがこちらの「バターチキンカレーセット(ナン・サラダ・ドリンク付き)(1,000円)」と、「タンドリーチキン盛合せ(1,600円)」です。
カレーセットは3種類あり、カレーはチキン、たまご、マトン(羊肉)、キーマ、ほうれんそう、野菜、ダル(豆)の7種類の中からお選び頂けます。一番人気は、ほうれんそうのカレーだそう。辛さは、甘口、中辛、辛口、激辛と辛味を調節できるため、辛いのが苦手な方でも安心して召し上がって頂けます。

写真5

テーブルいっぱいにどん!と置かれた大きなナンに記者はびっくり!手でちぎるとふわっと小麦が香り、ふんわりとした軽い食感でぺろりと食べられちゃいます♪なんと、ランチタイムはナン・ライスのおかわりが自由だそう。これは見逃せませんね!
スパイシーなカレーはバターがとろけ、これまた美味♪

写真6

スパイシーの秘密をシェフの方にうかがうと、お店で使っているスパイスを持ってきて下さいました。上からグランマサラ、ミックススパイス、砂糖、下段左がターメリック、コリアンダーパウダー、唐辛子、塩。こちらを調合し、お店独自の味をつくるのだそう。
「料理はネパールで習いました。日本の方に合うように少しアレンジしています。」と、店主のカトリ・スニンさん。ネパール出身で、母国の美味しいお料理を日本の方に楽しんで頂きたい、とお店を開いたのだそう。

写真7

「タンドリーチキン盛合せ(1,600円)」は、スパイシーで鮮やかな色味が食欲をそそる4種のタンドリーチキンにシュリンプ(エビ)が入った、豪華な一皿です。お酒との相性もバッチリのタンドリーチキンは、ご家族やお友達とシェアしながら頂くのがおすすめです。
その他、インドの紅茶・チャイや乳酸菌飲料・ラッシーなど、インドやネパールでポピュラーなお飲み物もぜひ、お試し下さい。また、アジア各国の瓶ビール(680円)も豊富にご用意しています。
また、同店のメニューはテイクアウトもでき、本場の味をご自宅でお楽しみ頂けます。パーティーメニューも2,000円~とお手頃価格でご用意していますので、お友達とカレーパーティーなどいかがでしょうか。キッズメニューもありますので、小さいお子さんのいるママにもおすすめ♪
スパイシーな本場カレーを食べに、皆さんもぜひ同店へいらして下さいね。

※ 価格は全て税込

インド・ネパールキッチン
042-360-6711
府中市住吉町1-44-10 1F (地図
11:00~15:00 17:00~23:00
定休日なし
駐車場なし

※記事は2017年3月時点のものです。


ページ上部へ戻る