武蔵府中水耕ファーム

  • 2017-3-24

今回ご紹介するのは、にんにくスプラウトの栽培、普及に取り組んでいる『武蔵府中水耕ファーム』です。

写真1

こちらが「にんにくスプラウト」です。スプラウトとは聞き慣れない名前ですが、発芽野菜のことだそうで、一般の野菜よりも栄養価が高く、特に新芽野菜には栄養素が凝縮されているそう。
このにんにくスプラウトには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、抗がん作用も高いと言われています。また、にんにく特有のにおいが少なく、加熱すればほとんど気にならないそう。にんにくは身体にはいいけれど、においが気になる…という方でも安心して召し上がって頂けます。

写真2

写真3

写真4

古い民家を利用して水耕栽培をおこなっています。有機JAS認定の種にんにくを使い、化学肥料を一切使わず、水だけで育てていて、だいたい一週間で芽が伸び、出荷できるのだそう。取材時はちょうど収穫した直後でした。植える時期や種によって成長にばらつきがあり、当初は栽培の仕方を試行錯誤していたそう。また、水温を一定に保たないといけないため、夏には冷房、冬にはストーブが欠かせません。一つ一つ丁寧に手剥きし、植え付けるなど、大切に育てています。

写真5

写真6

こちらが出来上がったにんにくスプラウト。同社のHPでネット販売していて、100g(400円)からお買い求め頂けます。

写真7

写真8

にんにくスプラウトを使ったおすすめ料理がこちら。「にんにくスプラウトの味噌なべ」に、「にんにくスプラウトの玉子炒め」です。いつものお料理に、にんにくスプラウトを加えれば、香り豊かな栄養価の高いメニューに♪切らずにそのまま使えるため、調理の手間も省け、捨てるところもないためエコ、という便利なお野菜です。

写真9

「にんにくスプラウトは、ビタミンやミネラルが豊富な万能野菜なんですが、まだまだ知られていなくて。もっと皆さんに知ってもらいたいですね」と、代表の奥住昌史さん。
週末はキッチンカーでの移動販売をおこなったり、イベントなどにも積極的に出店するなど、にんにくスプラウトの普及に努めています。
保育士をされていた奥住さんは、勤務されていた園での畑づくりで農業の楽しさを実感。その後、農家さんでお手伝いをする中で、天候によって作物の出来がかわってしまうのを目の当たりにし、天候に左右されず安定してつくれるものはないだろうか、と考えハウスでの水耕栽培を思いつきます。そして、2016年の夏、空き家を使用した「にんにくスプラウトの水耕栽培」を始めました。
ゆくゆくは、シニアの方や障がいをお持ちの方に手伝って頂き、就労支援にもつなげていきたい、と語る奥住さん。新しい農業のカタチとして発展していくといいですね。
美味しく身体にいい「にんにくスプラウト」皆さんもぜひ一度、ご賞味くださいね♪

※ 価格は全て税抜

武蔵府中水耕ファーム
090-9807-7523
府中市片町3-14-3 (地図
メールは24時間対応
定休日 土日祝、年末年始
駐車場なし
HP:http://www.hatsuga634.com/

※記事は2017年3月時点のものです。



 

ページ上部へ戻る