府中音喜多ギター教室

  • 2015-6-26

『府中音喜多ギター教室』は、楽器に触れたことのない初心者の方から、プロを目指す上級者の方まで、どんな方でも楽しく学べる音楽教室です。中学生から80歳の方まで、幅広い年代の方が通っています。
写真1
写真2
府中駅から徒歩約3分。防音設備の整ったこちらのマンションの3階にあります。すてきなエントランスを通り、エレベーターで3階へ上がると到着です。
写真3
待合室があるので、少し早めにいらした方はこちらで休憩したり、予習をしたりすることもできます。
写真4
こちらがレッスン室です。大きな窓から明るい日差しが入り、充分な広さがあるため、ゆったりとした気分で演奏ができます。
同教室では楽器の貸し出しサービスをおこなっていて、まだ楽器をお持ちでない方や重い楽器の持ち運びが大変なご年配の方に好評だそう。
教室を主催する講師の音喜多紀義さんは、クラッシックからジャズ、ポピュラーから演歌まで、生徒さんが好きなジャンルの曲を楽しく弾けるように、心がけているそうです。
料金は、「月3回レッスン(1回1時間レッスン)(8,000円~)」。時間は午後1時から午後9時までです。曜日や時間などは生徒さんのご都合を考慮して決めていきますので、ご相談下さい。
クラッシックギターの演奏家である音喜多さんは、15歳からギターを始め、その後クラッシックギター専門店で営業などを経験し、26年間勤務しました。その頃から演奏活動も始め、音楽ホールやライブハウスなどを中心に演奏会を開催。それらの経験を活かし、この教室を開くに至ります。現在、ヤマハ音楽教室・宮地楽器府中センターにて、ギター科講師としても活動されています。
レッスンの際には、テクニックだけでなくイメージを大事にしているそうで、生徒さんには「情景が浮かぶように弾く」よう伝えているそうです。「何かをつかんだ生徒さんは、伸びますね」と、音喜多さん。
ギターの演奏には、まず演奏するために必要な指の動かし方や音楽を表現するためのテクニックを身に付け、その上で一本のメロディを歌うように表現することが大事だと言います。そのためには、映画音楽なら映画をよく観たり、いろいろな方が演奏している音源を聴いたりして曲をよく研究し、その曲を自分なりに解釈することが大事なのだそう。
写真5
「テクニックというのは、練習すれば誰でもある程度までは習得できるものです。だから「上手いね」というのはホメ言葉ではなく、プロはお客様に「いい曲だなぁ」と思わせないといけないのです」と語る音喜多さん。
音楽好きの記者のために、愛用のギター「サイモン・マーティ」を使って演奏して下さいました。優しく、ときには激しく音喜多さんの指が奏でるギターの豊かな音色にうっとり…。
ギターに興味のある方ならどんな方でも大歓迎と言う音喜多さん。「好きな音楽をギターで表現する喜びをみつけて下さいね」。
皆さんも、音楽の豊かな世界の扉を開いてみませんか。

※価格は全て税込

府中音喜多ギター教室
042-307-9951(090-3438-3880)
府中市宮町1-9-8 ミオカステーロ府中宮町311(地図
13:00~21:00
定休日 なし
駐車場なし

HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~guitarcafesta/

 

クリエ会員カード特典

入会金(1万円)を半額

※注文時に会員カードを提示
※他の特典との併用はできません

 
※記事は2015年6月時点のものです。



 

ページ上部へ戻る