HUGS INTERNATIONAL SCHOOL

  • 2016-9-26

府中駅から徒歩11分、レトロな町並みが魅力の晴見町商店街にある『HUGS INTERNATIONAL SCHOOL』。

%e5%86%99%e7%9c%9f1

同校は今年で開校から16年目を迎えるアットホームなスクールです。9:30~14:30(or13:30)までは2歳~6歳までのお子さんを対象にしたプリスクール(英語保育)、15:00~はアフタースクールとして幼児から中学生までのお子さんが共に学んでいます。(※スクールの時間・料金などの詳細は同校のHPでご確認下さい)

%e5%86%99%e7%9c%9f2

%e5%86%99%e7%9c%9f3

壁には子どもたちがつくったかわいらしい作品がたくさん飾られています。
スクールでは、「英語を学ぶのではなく、英語で学ぶ」をモットーに、様々なアクティビティを英語でおこない、先生は子どもたちに英語で語りかけ、子どもたちも英語で答えます。言語を獲得する幼児期に、生活の中でたくさんの英語を耳にし、話すことで生きた英語を自然に身に付けることが出来るのだそう。

%e5%86%99%e7%9c%9f4

%e5%86%99%e7%9c%9f5

%e5%86%99%e7%9c%9f6

毎月学習テーマが決まっていて、今月のテーマは「世界の国々」。今週は日本と中国について学んでいて、今日は日本の伝統食「お寿司」をみんなでつくります。記者がおじゃました時間はちょうどクッキングタイムで、子どもたちは楽しそうにごはんに具材をのせたり、海苔で巻いたりしていました。
クッキングの他にもアートやミュージック、週に一度の体操の時間など、様々なアクティビティをおこない、体験や発表を大事にしています。

%e5%86%99%e7%9c%9f7

%e5%86%99%e7%9c%9f8

%e5%86%99%e7%9c%9f9

楽しいランチタイムのあとは、自由遊び、そしてレッスンタイムが始まります。
アリーナ先生がイラストの入ったカードを子どもたちに見せ、パンダのカードが登場すると「Panda!」と子どもたちから元気な声が上がります。
一日に来る子どもたちは多くても10人までと少人数のため、アットホームな雰囲気。規模の大きなスクールやネイティブ講師のみのスクールですと、子どもたちへの細やかなケアが充分におこなえないことも多いため、一人一人の成長をしっかりと見守っていける少人数制にこだわっています。また、様々な年齢の子どもたちが共にすごすことで、年上の子が年下の子を自然とお世話をするようになるなど、良い影響があるのだとか。また、子どもたちが小さな国際人として、基本的なマナーがしっかりと身に付くようマナー教育にも気を配っています。
スクールは英語only1の空間ですが、日本語でしゃべっている子に対しても、先生は決して注意はしません。「子どもたちの話したい、という気持ちや話のリズムを途切れさせたくないんです。日本語も英語もどちらも大事にしてほしいし、話すことが大好きな子になってほしいんです」と、ディレクターの中村友美さん。子どもたちがのびのびと表現できるように、とあたたかなまなざしで見守っています。
中村さんはアメリカ人の旦那さまと結婚後、お子さんが小さいときに離婚され、シングルマザーに。子どもには日本とアメリカ、両方のアイデンティティーを大事にしてほしい、とお子さんをバイリンガルに育てました。その経験を保護者の方々に話すなど、ご自身の経験を伝えたり、子育てについて語り合うことでお母さんたちと深くつながっていると言います。また、お子さんのお迎えに苦労したことから、プリスクールに通うお子さんの延長保育を無料でおこなっています。
とてもエネルギッシュな中村さんですが、つい最近、癌の手術をされたと聞き、驚きました。「ここに来ると、子どもたちやお母さん・お父さんたちからパワーをもらえるので、自然と笑顔になれるんです。いろんな経験があって今の私や活動があることを伝えたいんです」と、中村さん。スクールの卒園生が遊びにくると「私ずっと、英語が好きなんだよね」と話してくれる子が多く、それがとても嬉しいそうです。
あたたかな関わりの中、英語が自然と身に付き、英語が大好きな子になれる「HUGS INTERNATIONAL SCHOOL」。見学も随時受付しているので、ぜひ、いらして下さいね。

HUGS INTERNATIONAL SCHOOL
090-9808-5237
府中市晴見町1-2-22 (地図
9:30~18:30
定休日 土・日・祝
駐車場なし
HP: http://www.hugs-internationalschool.jp/

※記事は2016年9月時点のものです。



 

こういうお店もあります!

ページ上部へ戻る